読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my input logs

日々の自分の記録。ネタバレ等には一切配慮していません。御免なすって。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

2015年末から始まったスターウォーズ祭り。今年も祭りがやってきた!今年はスピンオフ的作品『ローグ・ワン』なのである。

www.youtube.com


なのであるのだけれど。
前半の私⇒ 「・・・・・・どうしよう。困った・・・・つまんない」
映画館の椅子の上、スクリーンを眺めながらうーん・・・どこをどう面白がれば・・・・と。
後半に行くにつれて面白くなるというような評判を聞いてはいたのだけど。いやいやいやいや。むしろ前半が超つまらないと言った方が早いのでは。
「ドニー・イエンのアクションがかっこいい。」くらいしか褒めるところがないんですけど。
そのドニー・イエンも、盲目設定だけど細かいところで目が見えていそうな感じがして気になってしまった。
視線の外し方とかが不自然だし、見えてるよね?と感じる場面がしばしば。あの設定、必要だったかな?
そしてそんなことよりなにより、最重要キャラのジンとキャシアンに魅力を感じなかったんだよな、残念なことに。
この映画、第一作目であるエピソード4の直前のお話。エピゾード4のオープンニングロールで出てくる「反乱軍はデススターの設計図を手に入れた」まさにそのときのお話。
名もなきはぐれ者戦士たちのお話ということで、あまりキャラ立ちしないようにしたのかもしれないけれど、一人一人の魅力が弱くても、せめてチームとしてもっと魅力的に描くとかさ。なんとかしてくれないと、楽しめないんですけど私。

なにせ、細かいところが雑で。

キャシアン一人とっても、例えばジンのお父さんの暗殺を躊躇するシーン。何でこの人躊躇してんのかな?そんなに心揺り動かされるようなエピソードあったっけ?と、戸惑ってしまいました。「俺たちは今まで大義のために汚い仕事をしてきた」的な大変唐突なカミングアウトとか。そんなに苦悩してたんですか。気がつきませんでしたわ。
まあ正確に言うと、そういう設定なんだろうなというのは説明的な台詞や音楽の盛り上げ方でわかったけれどさ、それだけで私に悟れと?もうちょっと、彼が手を汚して苦悩しているシーンとか。軽くでも命令に反発しているシーンとか。なんかないのか。

ジンも「アナタ妙に強いけど、何やってらしたの?」と聞きたくなったよ。いや、わかるよ?多分小さい頃から1人で戦ってきたんだろうし、あの激しそうなソウ・ゲレラおじさんに仕込まれたんだろうなーきっと。とは思ったけどさ、その辺りちょっとは匂わせて!頼むから!!
ほんとさー、もうちょっと丁寧にやって欲しかったよ。

ただ後半は噂にたがわずまさにスターウォーズ。宇宙での戦闘シーンに心踊りました。楽しい。
透き通る青い海と美しい白い砂浜で繰り広げられる泥臭い戦いも、第二次世界大戦の南方戦かといった趣で、切なくなりました。あの砂浜決戦は良かったなあ。
あと、総督のCG出演はよかったね。ぜんぜんわからなかったよ。

ただなー、やっぱり物語の描き方が雑だったのが全て。
マスタースイッチがなぜそんな場所にとか、またスイッチ押すのかよとか、普通真っ先に設計図のある場所の様子を見に行かないのかとか、ダースベイダーの佇まいが今までとなんか違うとか、突っ込むところはいくらでも湧いて出てくるんですけど。でも、そんなのは勢いで流してくれても良いんです。突っ込みどころと言ったら大好きなエピソード7にだっていくらだって出てくるし。

とにかく、登場人物の心の動きを雑に押し付けられる感じがひたすら頂けなかったです。

あとさー、最後の最後。
すっごい嬉しそうにレイア姫がデススターの設計図を受け取ってましたけど。
えぇ?!あんなに酷い犠牲を出した直後なのに、そのドヤ顔??!
と、大変大変違和感を覚えました。あれはないよ。
レイア姫の登場というサプライズよりも違和感の方が勝ってしまったし、たった今終わりを迎えた彼らの悲劇はなんだったのかと、そんなに思い入れのなかった登場人物たちに同情を覚えて終わりましたよ。

 

物語としては良い話だったと思うんですが、映画としてはとにかく好みに合わなかったです。残念。

 

とはいえ。

今作の鑑賞直後、エピソード4を家で観たところ。

「ああ!物語は続いている…!!涙」

となったんですけどね。あはは。

 


PS
どうでもいい話。
終盤、デススターの攻撃を受け、爆風のため巻き起こった津波が遠くから襲ってくる砂浜。自分たちの最期を受け入れて抱き合うキャシアンとジン。という、あのシーン。

見たことあるー!私これ見たことあるー!!
て、なりました。

これ↓

www.youtube.com

ディープ・インパクト(1998年公開))


観たことがある人はみんな思い出したのではないかと思うんだよ。