my input logs

日々の自分の記録。ネタバレ等には一切配慮していません。御免なすって。

「みんなあつまれ!プリキュアフェスティバル プリキュア ON ミラクル♡マジカル☆ステージ」@DMM VR THEATER

単語の間の♡とか☆とかの挿入に嫌悪を覚えるタイプのアラフォーが、ムスメ3歳のおかげ様でピンクとか♡とか☆とか満載のプリキュアの知識が日に日に増えてゆく今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。先日、自分用のグリーンの傘を購入したら「おかあさんの傘、かわいくなーい!」と軽くディスられましたが、私は元気です。お母さんは、かわいい傘などいりません。

というわけで、プリキュアに恋い焦がれるあまり「○○ちゃん、プリキュアとお話ししてみたいの」と毎日のように訴えてくるムスメのために、DMM VR THEATERにてプリキュアの3Dホログラフィックステージを見てまいりました。お話しはできないけど、会った気分は味わえるんじゃないの。知らんけど。

vr-theater.dmm.com

子供がいなかったら間違いなく足を運んでいない場ではありますし、はいはいプリキュアねーしょーがねーなーという態度で臨みましたが、お母さんVR THEATERに興味津々だったので案外ノリノリだったことは秘密です。

VR THEATERの詳細はこちら↓

vr-theater.dmm.com

 

で、見に行った結果。
確かに裸眼で3Dに見えるし、ほうきで浮かんでいる映像とか3Dならではと感じたし、モフルンはステージ上に置いてある椅子に座っていたし、ほほーーとは思ったのですが、、、、、正直、ああいう3D映像って慣れてきてしまいましたね。
裸眼で立体的に見えるということで凄いはずなんだけど、立体映像自体は結構見たことがある絵面だなと思って、残念ながら新鮮味が感じられず。贅沢だとは思いますが、人間は慣れてしまう生き物だなあ。
今回は公演時間も短い上にアニメ映像の挿入も結構あり、割と簡素なステージだなーという印象だったので、もっと3Dアニメならではの演出てんこ盛りなステージにすれば、「おお!すげえ!!」となったのかもしれません。まあ子供と二人で2000円でしたからね。こんなものかも。

ともあれ、3Dメガネをかけ続けることが難しい人間にも3Dが体験ができるし、ライブとか舞台とか教育とか、いろいろと可能性が広がりそう。これから先、いろいろな分野での企画が増えていくことを願います。

ところで子供の反応ですが、こちらはこちらで、立体映像というものにリアリティを感じるにはまだ未熟なのか、映画館とあまり差を感じなかった様子。「プリキュアに会えたねー」と言ってみましたが、「うん???」みたいな反応でした。
まあプリキュアというだけで、目をキラッキラさせてましたけどね。
どれもこれも見逃すまいと終始忙しなく顔をキョロキョロさせ、魔法ペンダントを上げてー!と言われれば、遅れちゃならないといそいそとペンダントを首から外し、一緒に呪文を唱えよう!と言われれば、振り付きでバッチリ唱えたその姿を思い返すだけで、お母さんご飯三杯いけます。


ちなみに三連休中の昼前に行きましたが、会場は2、3割埋まっている程度。そんな様子なので、いつ行っても空いていそうです。
屋外には歴代プリキュアのパネルが置いてあって、まあ子供はとりあえず全部回って一緒に写真撮るよね。
うちのムスメなんか、最後は一人づつと一緒に撮りたがり始める始末。日が暮れるっつーの。
プリキュア好きの子供にとっては間違いなく天国だと思います。

あと最後に。大きなお友達もチラホラ見受けられましたが、上映時間も短く(20分ちょい)、ずっと3Dというわけではなくアニメを交えながらのステージで、大きいお友達からしたら割と肩透かしな内容だったのでは、、、と感じたことを記しておこうと思います。